キャンプ日記に戻る

 ■平成17年4月16日、平成18年10月28日訪問

すその美人の湯 ヘルシーパーク裾野
住 所 静岡県裾野市須山3408  пF055-965-1126
アクセス 東名道 裾野IC〜車で8分
日帰り時間 10:00〜21:00
定休日 木曜日
6月中に3日間連続施設点検日あり
12/29〜1/2
GW中は休館なし
料 金 風呂もしくはバーデプールのみ
 ◎3時間コース:大人500円 小人250円  ◎1日コース:大人1,000円 小人500円
風呂およびバーデプール
 ◎3時間コース:大人800円 小人400円  ◎1日コース:大人1,300円 小人650円
※水着、バスタオルのレンタルあり
泉 質 カルシウム・ナトリウム・塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)
源泉名:すその美人の湯 裾野3号  源泉温度 45.6度  pH 7.6
総成分:14360.90g/kg
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、打ち身、くじき、病後回復期、疲労回復、健康増進等
設 備 男女別内湯各1、露天各1、ボディソープ・ドライヤーあり
 ガラス張りのバーデプールゾーンが遠くからも印象的な「ヘルシーパーク裾野」。
 すぐ隣りに「ながおねオートキャンプ場」があり、一度そこで開催されたオフ会に参加したおりに入浴している。その時にはただの循環の日帰り温泉だという印象しか持たなかったが、改めて入浴し、周辺の他の温泉にも入って、富士周辺の温泉ではここがもっとも良いと感じた。
 露天風呂は広く、開放的。一部に屋根も付いている。これまでは男女日替わりで露天風呂のない方に当たることもあったが、先月、新しく露天風呂が完成したという。
 右は以前からあった露天風呂。新しい方はこの日、男湯だった。
 塩素の匂いのする循環だが、お湯はわずかに黄色がかっており、湯口のところにいると、ほんわかと卵のような硫化水素臭が漂ってくる。どうやら、わずかながらも源泉が注ぎ込まれているらしい。
 こういったことが周辺の他の温泉施設ではまったく見られず、ここがもっとも良いとする点である。
 しかし、露天では少し黄色がかったお湯の色も、内湯の方ではまったくの無色透明。塩素臭も当然強く、特徴なし。こちらはただの真湯の沸かしではないかと勘ぐってしまった。
 
※平成18年10月追記:

 今回は内湯の方がよりツルツル感があり、塩素の匂いも露天よりきつくなかった。そのため今回は、ほとんどの時間内湯に浸かることとなった。
 浴室に「掛け流しです」という貼り紙があったので、「えっ、そうだったっけ?」と驚いたが、脱衣所の温泉分析表にはやっぱり「循環」と書かれていた。
 要するに水を一滴も加えていないことから「掛け流し」だと書いているらしい。それってちょっと違うんじゃないのかなあ。

 こちらはバーデゾーン。今回は入らなかったが、以前ここを訪れた際にまだ小さかった娘と泳いだことが、懐かしく思い出された。
 バーデゾーンと名のつくプールは浮き輪禁止のことが多いが、ここはOKだったと記憶している。
 ※その時のキャンプ日記はこちら
 
 とにかく富士山周辺にはいい温泉がない。あれだけ大きい休火山なのだから、さぞかし草津のような豊富な硫黄泉を湧出しそうなものだが、あるのはなぜか循環の温泉ばかり。 
 どうやら周辺が火山岩で形成されているため、雨水や古代水を保持できないためらしい。掘削技術がさらに進化して3千メートルほど簡単に掘れるようになったら、富士の裾野や御殿場でも硫黄臭たっぷりの豊富な温泉が得られるのだろうか。将来に期待したい。







ごてんば高原 御胎内温泉
住 所 静岡県御殿場市印野1380-25  пF0550-88-4126
アクセス 東名道 御殿場ICから車で20分、裾野ICからは25分
公式サイト http://www.otainai-onsen.gr.jp/
日帰り時間 10:00〜21:00
定休日 火曜日、12/30・31
1/1〜1/3は夕方6時まで
料 金 土日・祝日
 ◎〜15:00 大人1,300円 小人700円
 ◎15:00〜 大人1,000円 小人600円
 ◎18:00〜 大人700円 小人400円
平日
 ◎〜15:00 大人1,300円(割引券利用で1,000円) 小人700円
 ◎15:00〜 大人800円 小人500円
 ◎18:00〜 大人700円 小人400円
泉 質 アルカリ単純泉(低張性アルカリ性温泉)  源泉名:御胎内温泉 富士山金明の湯
源泉温度 35.8度  pH 8.6  湧出量:105.0リットル/分  掘削深度:1500m
効 能 神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復、慢性消化器病等
設 備 男女別内湯各2、露天各2、ボディソープ・ドライヤーあり
 御胎内温泉の「御胎内」とは、富士山の噴火によってできたといわれる溶岩隧道「御胎内」が人間の胎内に似ていることから、その名前がついたのだという。
その名をいただいた「御胎内温泉」を訪れたのは、夜8時を過ぎ。
 近くにキャンプ場があるせいだろうか、小さな子ども連れなどでかなり混んだ状態だった。
 内湯の浴槽内はライトアップされており、幻想的な雰囲気でなかなか綺麗。
 お湯は塩素臭が強く、特徴のまったくない循環湯。
 外へ出ると、富士溶岩の湯という洞窟状の浴槽が。
 お湯もぬるめで落ち着ける。
 「御胎内」という名前から、母の胎内を連想させるよう造ったのだろうか。
 これはHPから拝借した露天風呂の画像。晴れていればこのように富士山が拝める。
 夜に訪れた場合は富士山は見えないし、循環だし、料金は高いし、混んでいるし、あまり意味がないという印象を抱いた。







御殿場高原 気楽坊
住 所 静岡県御殿場市神山719  пF0550-87-3700
アクセス 東名道 裾野ICから車で10分
公式サイト http://www.tokinosumika.com/gotemba/kirakubo.html
日帰り時間 【4〜10月】 10:30〜23:00(最終22:00)
【11〜3月】 10:30〜22:00(最終21:00)
定休日 無休
料 金 平 日
 ◎1日券 大人1,500円 小人 700円
 ◎カラスの行水券(50分) 大人700円 小人 無料
 ◎夜間券(18時以降) 大人1,300円 小人600円
土日・祝日
 ◎1日券 大人2,000円 小人1,000円
 ◎カラスの行水券(50分) 大人900円 小人無料
 ◎夜間券(18時以降) 大人1,500円 小人800円
※おむつの取れていない子どもは入浴不可
泉 質 アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性温泉)  源泉温度 28.5度
成分総計 0.264g/kg
効 能 神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復、慢性消化器病等
設 備 男女別内湯各2、露天各2、ボディソープ・ドライヤーあり
 最初に行ったのは夜。非常に混んでおり、温泉はこちらも循環、塩素臭強で特筆すべき湯ではない。
 面白かったのは「塩の湯」。死海の塩を輸入して溶かしているもので、体がぷかりと浮く。ただし、かすかなかすり傷でもかなりしみる・・・というか痛いので、長いことは浸かっていられなかった。
 上2枚の画像は、再訪した夕方に撮影したもの。
 お風呂を出て廊下を歩いていると、山の方に別途設えてある「天神の湯」の看板が目に入ったので、寄ってみた。息切れするほど急な木の階段を登っていき、簡素な造りの湯小屋へ。
 入るといきなり脱衣所で、すぐに露天風呂になっている。囲われていて、景観はゼロ。お湯も塩素臭くて、早々に退散した。
 外は夜桜とイルミネーションでとっても綺麗なのが、唯一の救い(?)だった。終わりかけの桜が吹雪いて、たいへん素晴らしい眺め。人出も多く、たいそう賑わっていた。







源泉 茶目湯殿
住 所 静岡県御殿場市神山719  пF0550-87-3700
アクセス 東名道 裾野ICから車で10分
公式サイト http://www.tokinosumika.com/gotemba/cyameyudono.html
日帰り時間 10:00〜22:00(最終受付21:00)
定休日 無休
料 金 平 日:大人1,500円
土日・祝日:大人2,000円
※18歳未満は入場不可
泉 質 ■泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
■源泉温度 46.8度  ■湧出量154リットル/分  ■ph 7.8
効 能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ等
設 備 男女別内湯各1、露天各1、ボディソープ・ドライヤーあり
 ホテル「時の栖」から駐車場沿いに数分歩いた、閑静な一角にある「茶目湯殿」。
 併設されている旬膳処の「茶目殿」は越前の国(福井)府中の豪商・大井家を移築したもので、200年前の「折り置き形式」の登り梁(が大きな特徴だそうだ。
 一方、「茶目湯殿」(下の画像)の方は同じ大井家の邸宅から建築部材の一部を移築しつつ、建てられたものだという。内部は江戸時代の庄屋造りで、天井が無く梁が見える豪快な造りになっている。
 ここの正式名称は「源泉 茶目湯殿」だというから、とりあえず源泉を使用してはいるらしい。
 とはいえ塩素の匂いぷんぷんの循環で、「気楽坊」の方とぜんぜん変わらない。18歳未満お断りの施設なので子どもがいなくて静かなのが、まあいいといえばいい点だろうか。
 



キャンプ日記に戻る



[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[平成18年Top][県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。