前のページに戻る



  平成17年2月5日(土)〜6日(日)Vol.134


場所:東京都江東区青海   地図

秋に開催予定の「全国大会お台場オフ」に向けて、スタッフの下見&打合せオフが開かれた。
P泊した場所は、船の科学館前の駐車場。一泊3,000円だが、「大江戸温泉物語」へは車で5分、フジテレビは目の前、ヴィーナスフォートへも徒歩5〜7分という絶好のアクセスが魅力の場所だ。
夜景の綺麗なショッピングセンターにみんなで夕食を食べに行った。
大人はビールだ酒のつまみだ、これ美味しそう、これも旨そうだと盛り上がり、子どもは子ども同士、同じテーブルについて好きなものを注文していた。ふと振り向くといつの間にかデザートを食べていたり、仲良くて微笑ましい姿であった。
katamura@石川さんのキャンピングカーの中で団結式。「みんなでがんばろ〜」と、代表の上原さんと小菅さんが固い握手。たくさんお酒も出て、大盛り上がりのうちに夜が更けていった。


翌日曜日は解散となり、各自帰宅したり遊びに出たり。我が家はヴィーナスフォートに繰り出してお買い物と昼食をとった。
ヴィーナスフォートの魅力は、なんといっても装飾やイルミネーションの美しさだ。また似顔絵やアクセサリー、小物類の出店も楽しくて欲しいものばかり。
洋服のお店は20代女性向けのぴらぴらしたものが比較的多い。よく探せばカジュアル系などもあるが、わたしはまだ一度も買ったことがない。

昼食は、ここ「il forno」というイタリア料理屋さん。スパゲティがとても美味しかった。
下の画像がお子様メニュー。他にジュース、アイスが付く。

同じくヴィーナスフォートでいつもやっている「逆バンジージャンプ」。前回来たとき子どもたちがやりたいと切望していたので、今回挑戦してみることになった。
まずは長男から。顔が緊張気味だ。

最初は小さなジャンプから徐々に弾みをつけていき、介助のお兄さんも手綱を握って上へと飛ばしてくれる。最終的にはかなりの高さにまでジャンプ! 息子の顔も真剣そのものである。
今回は恐がりの娘も珍しく挑戦。だが、ちょろっとジャンプしただけで終わってしまった。やっぱり怖かったようで、お兄さんの頭くらいの高さ程度にしか飛ばなかった。
次にパパが挑戦! ベルトが食い込んで痛そう・・・。
さあ飛べるかな?
おお、飛んだ! しかも、介助のお兄さんまで一緒にジャンプしてる。「パパ、一回転!」というリクエストに応え、必死の空中一回転を決めてくれた。大人のジャンプは珍しいのか、ギャラリーも大受けだった。

全国大会開催予定地の下見をしてきた。場所は、「ロ」の形をしたビルの向こう側。
ここが全国大会予定地。
芝生の土地でなかなか良さそうな雰囲気だ。突き当たりにはお店などもあり、車の出入り口はそちらからになります。
※その後の調査で、会場そばのお店はなくなったそうです。

利用した温泉
 大江戸温泉物語


平成16年その18に戻る 平成17年その2に進む



[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板]

Copyright(C) 2002−2004 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。