■平成11年4月29日 Vol.1
 
塩原グリーンビレッジキャンプ場
塩原温泉は14年その1115年その5の方もご覧ください
住 所 栃木県那須郡塩原町下塩原1230 0287-32-2751
アクセス 東北自動車道〜西那須野塩原IC→15キロ→塩原温泉郷
公式サイト http://www.shiobara-gv.net/
キャンプサイト 約56平方メートル(7×8m) 微砂利敷・ダンプステーションあり
電 源 1泊につき1本 1,000円
チェックI/O In 13:00 Out12:00
基本料金 4/15〜11/14 特定日および第2・第4土曜日 4,500円
11/15〜4/14 2,500円
特定日 2,500円
特定日以外の土曜日 1,500円
その他 1,000円
管理費 通年 3歳から小学6年生まで 500円、中学生以上 1,000円
娯 楽 夏季:子どもプール、川遊び
通年:裏山でのトレッキング、バードウォッチング
 それまでなんとなく子どもとアウトドアをしたいと思っていたらしい夫が、いきなり「GWはキャンプ場の予約をした」と宣言した。わたしは青天の霹靂のごとく驚き、渋々ながら付き合った。
 まだ1歳10ヶ月の娘がテントの中で夜泣きをしたりして、いろいろ苦労した。
 でも、子どもたちは初めて自然に囲まれた環境でバードウォッチングしたり、川で遊んだり、とても楽しかったようだ。
 サイトが狭く接近しているので、どうしても難民キャンプのような印象は否めない。しかも、高料金。温泉施設や子どもの遊ぶ場所などを備えた高規格キャンプ場なので、子どもがいるキャンプ初心者には入門編としてはいいかもしれない。杉江家のキャンプ第一号の場所として、とても印象深いところ。
 
※塩原には平成14年と、平成15年に来ています。そちらもぜひご覧ください。

キャンプ場への入り口には鍵が必要なゲートがある。 山を背にしたオートキャンプサイト。
左の画像は宿泊用のキャビン。右は管理棟の隣りに並ぶカラオケキャビン。
塩原遊歩道  初めて双眼鏡を片手にバードウォッチング。このとき三毛猫のような色合いですばしこい動きの小鳥を見、テントに帰って愛読書「鳥の面白私生活」(ピッキオ編著)を探してヤマガラだと知る。
 夜には、「ヒ〜」と口笛のような音が響き、やはり同本でトラツグミと判明した。聞いたこともないようなカエルの声も響き、自然環境に恵まれている。

ちっともじっとしていないヤマガラ↓はとても可愛い小鳥。(声を聞くには、画像をクリックしてください。)

   
 
 利 用 し た 温 泉
 
キャンプ場内 福の湯温泉センター
営業時間 7:00〜21:00 無休(土・特定日は22:00まで)
料 金 大人(中学生以上) 平日700円、土日祝祭日・特定日900円
小人(小学生以下) 400円/500円
貸切展望風呂(冬季閉鎖)40分 2,000円
泉 質 ナトリウム・カルシウム塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉/49.3度/pH6.6/蒸発残留物1128r/kg
効 能 神経痛、筋肉痛、こわばり、くじき、やけど、切り傷等
 無色透明で無臭、これといった特徴のないお湯だが、豊富な湯量に支えられた掛け流しが魅力。とはいえ、このころはまだ温泉マニアになる前のことなので、特に印象は残っていない。ただお風呂だ〜といった感じで利用した。

 ↑広い内湯の浴槽

 ←露天風呂。フラッシュが届かず、撮影失敗。

 


                平成14年9月撮影
 
塩原温泉卿の温泉
 やしお温泉 塩原温泉「元泉館」
 奥塩原湯荘 白樺 塩原グリーンビレッジ露天風呂
 遊湯センター 奥塩原 新湯「むじなの湯」
 奥塩原 新湯「中の湯」 元湯「ゑびすや」
 元湯「大出館」

子どもが遊べる場所
 千本松牧場
 
 
 
  
  ■平成11年6月 Vol.2

河津オートキャンプ場
住 所 静岡県賀茂郡河津町河津いかだば555 0558-35-7277
公式サイト http://www.izu.co.jp/~imaihama/camp/
料 金 大人1,000円
小人500円(平日料金適用日 800円/400円)
AC電源1,000円・コインランドリー1回200円
※入浴・シャワー料込み
オートキャンプ
用サイト1区画
4,000円
備 考 GW、7/25〜8/20は1,000円増し
9月〜7月上記期間を除く平日1,000円引き
到着時から帰りの撤収作業時までずっと雨だった。明け方の大雨の音に目がさめ、怖かった。また、
場内の夏みかんのような木から大きい果実をもいで食べたことが印象深い。
もう少し遅ければ場内の川でホタルが乱舞するさまが見られたらしい。ウグイスの声が聞かれ、キセキ
レイが盛んに飛んでいた。

    
キセキレイ
「チチッ、チチッ」とさえずりながら、細長い尻尾をピンピンと跳ね上がるしぐさが目印。わりと人間の近くまで飛んでくることが多い。(声を聞くには、画像をクリックしてください。)
 
 
 
 
 
■平成11年6月 Vol.3
 
湯川キャンプ場
住 所 長野県北佐久郡軽井沢町長倉3357 0267-45-5997
アクセス 碓氷軽井沢ICから15.5キロ(30分)/しなの鉄道中軽井沢下車バス3分
営業期間 5月上旬〜10月下旬
料 金 テント1張 5,000円(AC電源なし) ※近年値下げした模様
 中軽井沢駅から比較的近い、湯川沿いに位置する。野鳥の森に近く、なにかと便利な場所にある。
 オートキャンプ場とは思えぬ低規格キャンプ場で、狭い。ほとんどのガイド本には載っておらず、なんだか人んちの庭でキャンプしているみたいだった。その分、俗化されておらず、経営者一家が素朴で親切だった。チェックアウトの時間も自由にさせてくれた。トイレは落とし、ときどきサルも出没するというワイルドさ満点のキャンプ場。
 
 バードウォッチングした場所

野鳥の森
平成14年キャンプ日記を参照する
住所 長野県北佐久郡軽井沢町星野 星野リゾート内 0267-45-7777
公式サイト http://www.hoshinoresort.com/mindex.html
 軽井沢野鳥の森は、1974年に全国で初めて指定された国設の野鳥の森。およそ100haの森に約3キロの観察路がついていて、冬も雪が少ないことから年間を通して、動植物の観察や森林浴を楽しむことができる。「鳥のおもしろ私生活」(ピッキオ編著)より
 
 12月下旬から翌年3月末まで暖かい観察小屋で餌台に来る野鳥やリスを間近に観察することができる。今回はピッキオ主催のネイチャーウォッチングに参加し、野鳥の森を初めて探索した。オオルリ、ヤブサメを見ることができた。また、イノシシが草の根をほじった痕や、熊が木に爪を立てた痕跡などの説明を受けた。午後は熊よけの鈴を借り、長男と二人で森を歩いた。オオルリ、ヤブサメ、キビタキ、ウグイス、アオバトなどのさえずりが聞かれた。
 
ピッコロの演奏のような美しいさえずりを聞かせるキビタキ 野鳥の森から浅間山を臨む
キビタキ 浅間山
 
 
 利 用 し た 温 泉

星野温泉
平成14年を参照する
◆改装後の、現在の「トンボの湯」はこちら
住所 長野県北佐久郡軽井沢町星野 星野リゾート内 0267-45-6000
営業時間 7:30〜22:00
料金 1,000円
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)/47度/pH7.2
効能 神経痛、糖尿病、高血圧、冷え性、美容等
 野鳥の森のそばに建つ星野温泉ホテル内の内風呂。これだけ広い浴槽なのに加水せず、循環もしていないのは凄い。くみ上げたお湯をそのまま浴槽に注いでいるため非常に熱く、長湯すると頭痛がしてくるし、窓もないけれど、お湯の質がいいので気持ちがいい。
 大正4年創業の古い施設だが、タイルを使ったモザイクなど細部にわたってレトロな装飾がほどこされている。天井の一部がガラスになっていて、お湯がサラサラと伝い落ちている。昔はさぞかしモダン(死語の世界?)で高級なイメージを誇っていたのだろう。

追加情報:2002年4月に日帰り温泉施設「とんぼの湯」ができたため、「せせらぎの湯」は閉鎖。「太陽の湯」は宿泊者専用となって外来不可とのこと。また、2003年に星野温泉ホテルが改築となるため、この浴室も取り壊される予定。

星野せせらぎの湯 星野太陽の湯
せせらぎの湯外観 太陽の湯

 

   
塩壷温泉
住所 野県北佐久郡軽井沢町塩壷温泉 0267-45-5441
公式サイト http://www.siotubo.co.jp
営業時間 11:00〜21:00
料金 1,000円
泉質 星野温泉に同じ
効能 浴用:筋肉痛、関節痛、神経痛、疲労回復、婦人病
飲用:慢性消化器病、慢性肝胆疾患、通風、糖尿病、慢性便秘、肥満症、胃腸病
吸引:気管支炎、ぜんそく

塩壷温泉外観 塩壷温泉露天
  寝湯のある内湯  塩壷温泉内湯
 
  
 
 
  
■平成11年7月  Vol.4

藤波キャンプグランド
住 所 静岡県榛原郡榛原町静波2220-89
アクセス 東名道 吉田IC〜R150→御前崎方面へ約15分
もしくは東名道 牧の原IC〜約15分
公式サイト http://travel.mimo.com/camp/2586shizunami/
チェックI/O 13:00/12:00
入退場時間 7:00〜22:00
オートキャンプ
サイト
区画:あり
1区画面積:42.5〜45平方m
区画数:51 各サイトAC電源あり
 昭和52年からオープンし、20年近い歴史を持つ、遠浅の「静波海水浴場」まで50mの本格的オートキャンプ場。ただし、夏は非常に暑い。友人たちと泊まったが、キャビン内には扇風機しかないので、夜は寝苦しかった。お風呂はシャワールームがあるのみで、しかも行列ができていた。すぐ近くに温泉施設もなく、不自由を感じた。コンビニや各種商店はあり、都会的な環境。近くに美味しいうなぎ屋さんもある。

藤波キャンプ場
 
 
 利 用 し た 温 泉

接阻峡温泉会館
住 所 静岡県榛原郡本川根町川梅地 0547-59-3764
営業時間 10:00〜20:00
定休日 第1・3木曜日
料 金 300円
泉 質 ナトリウム炭酸水素塩泉(冷鉱泉)/21度/ph8.5
「せっそきょう」温泉と読む。静岡の山奥の小さな集落にある温泉。こじんまりとした施設で、地元の人たちで賑わう憩いの場らしい。
 
静岡の温泉
   


HOMEに戻る  その2に進む


[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[平成18年Top][県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。