杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記
                〜31フィートのキャンピングトレーラーと温泉情報

 
 
平成25年7月25日〜28日 Vol.310

美ヶ原〜白骨〜乗鞍〜平湯

2013年7月25日 武石温泉うつくしの湯
 夜空いっぱいに広がる天の川が見たくて、夫・娘とともに美ヶ原高原へと向かった。途中、武石温泉うつくしの湯に立ち寄ったが、閉館時間を間違えてしまい、わずか10分しか入浴できなかった。

武石温泉うつくしの湯
 住所:長野県上田市上武石1454-3
 TEL:0268-85-3900
 営業時間:10:00〜21:30(21:00受付終了)
 休館日:毎週水曜日
 入館料:大人500円/小人250円
 泉質:カルシウム.ナトリウムー塩化物温泉
 
美ヶ原高原
 「うつくしの湯」を出て、美ヶ原高原へと急な坂道を登る。
 深い霧のなか、美ヶ原美術館の駐車場へ辿り着いた。フジサンケイグループの美術館だが、とにかくだだっ広い駐車場は道の駅も兼ねているとのこと。
 ポツリポツリ何台か停まっている乗用車を避け、一番奥の砂利地に駐車して車中泊。
 ここへ来た目的は天体観測だったが、美ヶ原という所は実のところ霧が多いため、あまり観測には向いていないみたい。一晩中濃い霧に包まれ、星の一つも見ることができませんでした。
 翌朝。車内で朝食を済ませ、高原を散策することに。目的地は「美しの塔」。
 が、地図で見ると塔まではかなりの距離がありそうだったので、手前までキャンピングカーで行くことになった。
 牧草地への入り口に広い駐車場とレストハウスがあり、無料で停められる。
 可憐な花たちを眺めながら「美しの塔」めざして歩いていくと、たくさんの牛たちに遭遇。すべての牛たちがこちらをじっと見ている。
 やがて、牛さんたちが好奇心いっぱいに近づいてきて、可愛いのでわたしも思わず接近。すると足にビリッと電気が走って、「ぎゃっ」。(xox)

 その時ようやく、「電気防柵 きけん」という黄色い表示を発見。目立つ色なんだけど位置が低いので、牛に気を取られていて気づかなかったのだ。もちろん電圧が低いため触れても大事に至らず。
 美しの塔に到着。この塔は1954年(昭和29年)、高原の中央部に設置されたもので、高さは約6m。塔の南面には美ヶ原を愛した詩人・尾崎喜八の「美ガ原溶岩台地」が、北側には山本俊一翁の顔のレリーフが埋め込まれている。
 美ヶ原は濃霧になることが多く、遭難が多発したため霧鐘を備えた避難塔として創られたとのこと。
 あ〜気持ちいい〜!!
 と、牧草地に寝そべる夫と娘。決して遭難者の遺体ではありません。
 とにかく見渡す限り牧草地が続き、気分が晴れ晴れ。天体観測という目的は果たせなかったが、昼間のこの清々しさだけでも来る価値はあったというものだ。

 馬さんもいます。かわいい。

 高原の野趣溢れる花や昆虫たちを眺めながら、駐車場に引き返す。
乗鞍高原〜いがやレクレーションランド
 次に乗鞍高原に移動。以前はよくビジターセンター前の駐車場でP泊をしたものだが、最近は車中泊すらダメとなってしまったので、キャンプ場で二泊することにした。
 ここ「いがやレクレーションランド」にはキャンピングカー専用サイトがあり、電気もいただける。しかも他にキャンパーの姿もなく、広いサイトが貸し切り状態。
 池の上をロープで渡るスリリングな遊具もあり、小さい子ども連れにも楽しめそうなキャンプ場だ。
 ↓木々の向こうに我が家のキャンピングカーがポツリ。周囲は自然がいっぱい。

 野鳥の声を聞きながらの散策も楽しめる。この時はホトトギスがさかんに鳴いていました。

 キャンピングカーからよく見えるところでホオジロがさえずる。

 自然に包まれ、たいそう素晴らしい環境だが。高原なので天候はわりとワイルド。山の向こうに積乱雲がむくむくと現れたかと思うと、ガラガラと雷が鳴りだした。 
 それでもめげずにビールとバーベキューを楽しむ私たち。

「ゆけむり館」で購入した乗鞍高原ビール。濃くて美味しい。
湯けむり館
 夕方は、バイクの2人乗りで「湯けむり館」へ。ビジターセンターから少し下った位置にある日帰り温泉だが、昔とは場所が変わり(道路の反対側に移転)、新しく建て替えられている。

 お湯のいいのは変わらないものの、どこにでもある普通に綺麗な入浴施設になってしまい、なにかが物足りない。昔の施設はちょっと古びていてシャワーの出も悪かったが、味があって良かったのに。

 なんか綺麗に整然とし過ぎていて、面白みがないんだよね。無責任なことを言っているなとは思うんだけど。
 新しくて綺麗なのが好きという人は多いと思う。でも、わたしは古くて味のある温泉施設に惹かれるなぁ。
 以前は露天風呂から乗鞍岳が見えたのに、見えなくなってしまったし。ホント、残念。

 夕焼けはとても綺麗だった。

 翌日は平湯温泉に立ち寄り、「ひらゆの森」で一浴びして帰途についた。
 
 今回入った温泉
  
  武石温泉うつくしの湯
  湯けむり館
  白骨温泉泡の湯
  平湯温泉ひらゆの森
 
 
 
   
 

杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容など
すべての転用を禁じます